メインナビゲーションをスキップする

人道援助と末日聖徒イエス・キリスト教会

人道援助とモルモン教会

ある人がイエス・キリストに第一のいましめは何かと尋ねるとイエスはこう教えました。「第一のいましめはこれである、『心をつくし、精神をつくし、思いをつくし、力をつくして、主なるあなたの神を愛せよ』。第二はこれである、『自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ』」(マルコ12:29-31)。末日聖徒イエス・キリスト教会の会員はクリスチャンとして、世界中の隣り人へ愛を示すというイエス・キリストの戒めに従う努力をしています。末日聖徒イエス・キリスト教会は他の人に愛を示す最善の方法の一つは奉仕だと考えています。末日聖徒イエス・キリスト教会は他の人を愛し奉仕するようにと聖典に書かれている勧告からインスピレーションを受け(ヤコブ1:27;アルマ34:27-29)、様々な方法で助けの必要な兄弟姉妹を助けます。

末日聖徒イエス・キリスト教会ではどのような奉仕をしていますか?

末日聖徒イエス・キリスト教会は毎年様々な奉仕活動に携わっており、それは世界中の何万人もの人々に差し伸べられます。教会内の幾つかの組織が、LDS慈善事業団や末日聖徒人道支援センターを含む奉仕や援助活動を運営しています。

LDS慈善事業団は様々な世界規模の人道支援プログラムを行っており、それらは「個人の責任、地域支援、自立、持続可能性の原則に基づいて成り立っています」(“What We Do”を参照)。LDS慈善事業団が実行している活動の一つにBenson Food(ベンソンフード)があり、それは「受け取る人々が継続維持でき、経済的にも食の安全を高めていく」ことに焦点を当てています。それらに家庭での食糧生産、栄養改善、食糧貯蔵が含められます。Benson Food(ベンソンフード)は12ヵ国で活動しており、2016年にはおよそ11万6000人もの人の役に立ちました。

慈善事業団が実行しているほかの活動として、きれいな水の提供、自然災害後・情勢不安時・食料不足の時などの世界的な緊急対応、予防接種、妊婦と新生児のケア、眼科治療、身体障がい者の車いすや移動手段の提供に焦点を当てています。(“What We Do”を参照 )LDS慈善事業団は世界中の提携団体と共に活動の効果を高め,地元の必要を最大限に満たせるよう働いています。

末日聖徒人道支援センターはアメリカ合衆国ユタ州ソルトレーク・シティーにあります。人道支援センターでは世界中で使われる援助物資が用意されます。末日聖徒人道支援センターは平年約360万キロ分の靴と衣類、そして衛生キットや学校用キットを30万個、キルト布を1万2000個用意し、50ヵ国以上の国へ送ります。(“Latter-day Saint Humanitarian Center,”を参照)可能な場合は、物資が必要な地域の近くで人道支援物資を入手します。それに加え、人道支援センターでは、難民や移民を含む被害を受けやすい地域の人々が社会に出られるよう助けるため、自立支援訓練を最大18カ月間提供しています。訓練完了後、センターは参加者の就職先を見つける手助けをします。

これらの世界規模の取り組みとそれぞれの集団が支援する多数の小さな奉仕プロジェクトに加え、多くの教会の会員はヘルピングハンズプログラムを通して多くの人へ奉仕してきました。わかりやすい黄色いベストを着用しているヘルピングハンズのボランティアは、地域社会での奉仕や災害支援を行います。(ヘルピングハンズ を参照)ヘルピングハンズの目的は物資や資金を提供するのではなく、困難な時に無償で労働し奉仕することです。ヘルピングハンズプロジェクトに参加した何千万もの通常の教会の会員のボランティアは、彼らの地域社会の利益に貢献するクリスチャンであると証言しています。

末日聖徒イエス・キリスト教会の宣教師はどのような奉仕をしていますか?

教会の多くの会員は末日聖徒イエス・キリスト教会の宣教師として仕えることで、愛のあるクリスチャンらしい奉仕を行います。末日聖徒イエス・キリスト教会の宣教師の多くはたくさんの時間をイエス・キリストの福音を宣べ伝えることに使う伝道宣教師として奉仕します。そのほかの多くの教会の会員は教会奉仕宣教師として働きます。教会奉仕宣教師は肉体的、精神的、情緒的な理由から伝道宣教師として働けない若者の選択肢しとしてしばしば選ばれます(“Preparing to Serve,”「奉仕に備える」)。多くの年配夫婦も教会奉仕宣教師として働く決断をしています。教会奉仕宣教師として働く期間、末日聖徒イエス・キリスト教会の宣教師は依存症からの回復を支援する団体の手伝いをしたり、貧しい人々に無料で食料を提供するビショップの倉で働いたり、職業支援の手助けをしたり、都心に住む人々の肉体的または霊的な必要を満たす助けをしたり、家族歴史の探究または歴史記録の索引作成を手伝います。(“Explore Opportunities,”「機会を開拓する」を参照)

もっと詳しく知るには

末日聖徒イエス・キリスト教会はクリスチャンとして、人々からしてほしいと望むことは人々にもそのようにせよという救い主の戒めに従う努力をしています。(マタイ7:12を参照)末日聖徒イエス・キリスト教会の会員が行う奉仕は、宣教師を含め、世界中のいたるところで様々な方法で数えきれないほど行われています。

※使われていたニックネームには『LDS教会』、『モルモン教会』、『末日聖徒教会』などがありますが、教会のフルネームで使うことの重要性について説明されました。

詳しくはこちらから