リアホナ2013年4月号「家族歴史」─祝福を受けるためのルール

    「家族歴史」─祝福を受けるためのルール

    ─七十人 アラン・F・パッカー長老,若人にインターネットを通じた家族歴史探求を勧める

    2月初旬,七十人のアラン・F・パッカー長老が,FamilySearchTMCEOのロックウッド兄弟,七十人第五定員会のブリムホール長老とともに来日した。2月8日,新たなオンライン系図サイト「ファミリーツリー」を若い世代に紹介するファイヤサイドが東京神殿別館で開かれた。

    パッカー長老は話を始めるに当たり,教会とモルモン書が真実であること,ジョセフ・スミスが回復の預言者であったことを証する。「生ける預言者,聖見者,啓示者がいることはわたしたちにとって大きな祝福です。その預言者からの依頼によって,皆さんと分かち合い学ぶためにわたしは日本に来ています。それはこの国での家族歴史についてです」とパッカー長老は聴衆に語りかける。

    十二使徒のデビッド・A・ベトナー長老は2011年10月の総大会で青少年と家族歴史について説教した。※1 ベトナー長老は神の王国を築くに当たって青少年が持っている独特な働きについて語り,青少年に自分自身の家族歴史を探求するように勧めている。また青少年のために作られたウェブサイト※2 についても説明している。

    2013年1月,それまで利用者が限定されていたオンライン系図サイトに日本のすべての会員がアクセスできるようになった。 パッカー長老は会場の青少年や若い独身成人に向け,彼らの持っている「独特な働き」についてこう語る。「皆さんの親指はコンピューターや携帯を使うために魔法のように鍛えられています。皆さんの両親のほとんどはそういうことはできないでしょう。」青少年や独身成人には家族歴史を通して神の王国を築くための能力がすでに備わっている,とパッカー長老は言う。さらに「皆さんが家族歴史に携わるときに,皆さんは両親に教えることができます。そして両親は御霊を感じます。また皆さんから熱意を感じます。皆さんを見ることで彼らも家族歴史の業に取り組みたいと思うようになります。」ベトナー長老は,青少年や独身成人が家族歴史の業を行うときに幾つかの祝福(皆の心が先祖に向く,皆の証が強められる,祝福師の祝福の中にある系図がさらに意味のあるものになる,サタンから守られる)が与えられると約束した。「この試練の時代にあってわたしたちがサタンの誘惑から守られるということです。その祝福を受けるにはベトナー長老の勧告に従う,すなわち行動を起こすことが必要です。ベドナー長老は『今がその時である』と言いました。」

    家族歴史の業は人生を変える

    また「皆さんのほとんどが学校に通っていて,将来の仕事や将来の家族・家庭を持つために準備していると思います。この準備をしているのは皆さんが家庭や様々なことにおいて成功したいと思っているからです」とパッカー長老は述べ,成功するためにはルールを学ぶ必要がある,と続けた。

    帰還宣教師に挙手するようパッカー長老が呼びかけると,多くの手が挙がる。「わたしが伝道部会長をしていたとき,伝道が終わる宣教師たちに面接をしました。わたしは彼らに『宣教師の手引きに書いてあるルールに従ったことが,あなたが成功するための助けとなりましたか?』と質問しました。すべての宣教師が『はい』と答えました。そこでもう一つの質問をしました。『この宣教師の手引きにあるルールは,これからのあなたの生涯の助けとなるでしょうか?』彼らは『絶対になります』と言いました。」そこでパッカー長老は,伝道後の生活で学んだことを宣教師の手引きに書き足していくように勧める。「彼らは将来成功するために必要なルールを書き足していきました。皆さん,帰還宣教師であろうとなかろうと,成功するためのルールを今から集めて書き出すことができます。」

    ルールに従って生活するときに人生が成功するように,家族歴史も「ルール」,つまり「ベトナー長老の勧め」に従い行動を起こすなら,成功することができる,とパッカー長老は言う。「『創世の前に天において定められた不変の律法があり,全ての祝福はこれに基づいている。すなわち,神から祝福を受けるときは,それが基づく律法に従うことによるのである。』※3 これも皆さんの成功するためのルールに書き加えることができると思います。」

    「去年の12月に大管長会は,全世界の教会の聖餐会の説教台で読まれる手紙を送りました。教会員一人一人が先祖の名前を神殿に持って行くことが勧められています。また青少年,若い独身成人にそれを勧めています。青少年が神殿に行き,ある人のためにバプテスマを受けます。そのとき彼らには笑顔があります。しかしある人ではなく,自分の先祖の名前を持って行くなら,皆さんの目には喜びの涙があふれるでしょう。」

    「ただ良い時間を過ごすのでは十分ではありません。だれかを助けたいと皆さんは望んでいるでしょう。この業に携わることによって,また行うことによって,人の人生を変えることができます。変えられる最初の人生は皆さんの人生です。次に,皆さんが身代わりになって儀式を行う人の人生が変わります。一度に二つの人生を助けることができます。」

    家族歴史は新しい時代に突入した。コンピューターを駆使して先祖を見つけ,入力し,編集し,神殿の儀式のために手続きをする。小さいころからコンピューターに親しんできた青少年や若い独身成人が,自分の持つ能力をそのために使うようパッカー長老は呼びかけて締めくくった。「天の御父が皆さん一人一人に,人類の一人一人に関心を持っておられることを証します。ベトナー長老の約束が真実であることを証します。行動を起こすよう勧めます。ベトナー長老の期待にこたえるように勧めます。そして約束された祝福を受けるようにと勧めます。」◆