リアホナ2009年7月号 全日本SAカンファレンスに十二使徒のオークス長老姉妹が訪問

    News Box 全日本SAカンファレンスに十二使徒のオークス長老姉妹が訪問

    全日本シングルアダルト(SA)カンファレンス(9月21日〔祝・月〕─23日〔祝・水〕,於:東京・代々木,国立オリンピック記念青少年総合センター)へ,十二使徒定員会のダリン・H・オークス長老と,伴侶であるクリステン・オークス姉妹が参加することが発表された。オークスご夫妻は,カンファレンス初日,9月21日午後1時からの「テーマプレゼンテーション・開会行事・ディボーショナル」に登壇する予定である。地域会長会は6月4日付けの手紙でオークスご夫妻を次のように紹介している。

    「オークス長老姉妹は,このカンファレンスに出席するのに特に適した方々です。皆さんの多くが御存じのように,オークス長老の最初の伴侶であるジューン・オークス姉妹は,1998年7月に亡くなりました。2年後に,オークス長老はクリステン・マクメイン・オークス姉妹と結婚しました。クリステン・オークス姉妹は,オークス長老と結婚するまで,長い間,教会のシングルアダルトの一員でした。オークス姉妹はまた,仙台伝道部の帰還宣教師で,伝道を通じて日本の教会員はもとより,日本に関するすべてのものを愛するようになりました。」

    オークス長老は,ブリガム・ヤング大学の学長,ユタ州最高裁判事の職を経て,1984年に十二使徒定員会会員として支持された。以来,何度も日本を訪れている。最近では2008年2月にクリステン姉妹を伴って来日し,仙台と札幌で一般会員との集会に臨んだ。(「リアホナ」2008年4月号チャーチ・ニュース,9参照)

    地域会長会はこの手紙を以下のように結んでいる。「このすばらしいカンファレンスで,シングルアダルト一人一人とお会いできるのを楽しみにしています。このカンファレンスは霊的に成長し,大切な教えを学び,生活の中で同じようなチャレンジに直面したり,祝福を味わったりしている人と交わる機会となるでしょう。そして何よりも,オークス長老姉妹それぞれの経験と証に耳を傾けることで,主の御霊みたまを感じる機会となるでしょう。」◆