在宅宣教師として喜びを見いだす

「さて見よ,驚くべき業が,まさに人の子らの中に現れようとしている。それゆえ,おお,神の務めに出で立とうとする人々よ,終わりの日に神の前に罪のない状態で立てるように,あなたがたの心と,勢力と,思いと,力を尽くして神に仕えなさい。」(教義と聖約4:1~2)

「一人一人に仕えることで,周りの人々を愛します」 はエリアプランの目標の一つです。仕えることは個人として、家族として、また責任を通してすることができます。主がその御業を早める中にあって,より多くの働き手が必要です。ところが,いろいろな複雑な状況のために,シニア宣教師として伝道に出るのが困難な方も少なくありません。みなさんをお招きします。在宅シニア宣教師または教会奉仕宣教師を通して主の愛を伝え、主の王国の建設のために働いて,ともに喜びを見いだしましょう。

 


在宅シニア宣教師と教会奉仕宣教師について

(なお、在宅というのは,自宅にいながら奉仕できることです)
ステーク会長やビショップは,手引き 第1部:ステーク会長及びビショップ 2010,4.11や4.12をご参照ください)

教会奉仕宣教師についてより詳しく知るには,こちらをご参照ください

 


 

在宅宣教師を求めている教会の部門とその役割

各部門が行っていることにご関心のある方はここをクリックしてください。

あなたの経験と希望や場所によって、上記一つの役割ではなく,いくつかの役割を果たすことができます。また、ぜひ、あなたのスキルを教えてください。上記にないと見えても,案外働く機会がたくさんあります。

 


必要条件および資格

  • 神殿推薦状を持つにふさわしい生活をしている
  • 主に仕え,主の王国の建設に携わりたいという強い決心
  • 実務経験及びスキルや資格
  • 今後の生活費(食費,住居費,医療費,保険料,交通費,等)を支える力
    (在宅の場合、コストはかかりません)

必要なスキル

  • 優れたコミュニケーション能力
  • コンピューターの基礎技術

役立つスキル(あるといいものです―なくても大丈夫)

  • 語学力(特に英語,韓国語,など)

 


 

 

 


 

一緒に働きましょう!

ご関心のある方はお気軽にご連絡ください

在宅シニア宣教師  ビショップにお問い合わせください

教会奉仕宣教師 HR-Japan@ldschurch.org 電話:03-3440-2351